> 施工例いろいろ > 新築 > T様  (佐世保市瀬戸越)

上の角の家

新築  T様 佐世保市瀬戸越

上の角の家/ASJ

今回は敷地の条件として それほど大きくなく 交差点の近くで 車の騒音とホコリ南側に大きな建物があり 光が入りづらいというものでした。その中に どれだけの空間で気持ちよく過ごせるか?をテーマに計画をスタートし、まず 小さくても良いので光を取り込むためと交差点からの目線や音を解消するため  中庭を作りました。きっと 道路側の外観からは 中庭があることなど想像もできないと思いますが・・・それにより 大きな空間は作りづらくはありましたが コンパクトながらもそれぞれに 目線の抜けの窓や 光、風がどこの部屋にも入るようになり結果的に 良い空間づくりができました。設備としましては 今回は 断熱、遮音性能を考えて セルロースファイバーという断熱材を使用 それにより特に音の問題は解消ができているようです。また PSという輻射熱を利用しました空調システムを使い 建物全体として空調を行い 自然な温度管理を実現しています。コンパクトではありながら 空間の使い方、設備の充実、長期優良住宅に対応するなど これからの住宅づくりにも 配慮し、お施主様に寄り添った形の家づくりができたのではと思います。

設計:山崎 直樹

この施工事例の他の写真

この施工事例のDATA

種別
木造2階建て
設計
山崎 直樹

一覧に戻る