> 家づくり教室 > お金のこと しっかり考えよう

お金のこと しっかり考えよう

家を建てるのに、まず、大事になるのが、家を建てる費用で総額いくら必要か、そしてどの住宅ローンを選ぶと月々の返済額はいくらになるかと言った「資金計画」になります。
何かモノを買う時必ず「予算」を決めます。当たり前ですが、家づくりを考えるときも、まず「予算」を考えることが必要になります。

でも、家づくりに“どんなお金がいつ要るのか”って分かりにくいと思いませんか?住宅のチラシを見れば家の値段なんて、「本体価格○○○万円て書いてあるじゃない」と思われる人もいるかもしれません。しかし、この費用以外にもいろいろな費用が必要になります。
家づくりに必要な費用は以下の大きく3つに分かれます。

家づくりに必要な費用 建物・土地取得 諸費用

この3つの費用について、ちょっと説明しましょう。

建物にかかる費用

まずは、「建物にかかる費用」には次のようなものがあります。

①建物の建築にかかる工事費

一般的に本体建築費とか本体工事費と呼ばれるものです。
家を建てるために必要な建築資材や屋内の設備費用(水廻りや電気設備など)、スタッフの人件費などにあたります。

②外構工事費

次に建物の外で必要な費用を「外構工事費」といいます。
庭廻りの植物や樹木、カーポートやウッドデッキ、敷地境界のブロック塀やフェンスなど建物の外に作る工作物にかかる費用です。

③インテリア工事費

カーテンや家具、家電品の新調などにかかる費用です。

④その他の工事費

土地によっては、下水道が来ていないことがあります。そのような合浄化槽を設置したり、特殊な工事が必要となる場合の費用のことです。

建物にかかる費用だけでもこれだけのものがあります。

住宅のチラシでは「本体価格」を①の「建物の建築費用」を指すだけの場合がありますので注意が必要です。また「坪単価○○万円」という表現が良く使われますが、これには明確な決まりはありません。
つまり本体価格に「何をどこまで含むのか?」は住宅会社によって異なるのです。そのため坪単価表示だけを比べることには、あまり意味がないと言えます。

具体的な総費用をきちんと最初から見積もっておかないと、後で「こんなにかかるとは思わなかった」「予算が足りなくて満足いく家ができなかった」ということにもなりかねません。事前にしっかりと確認しましょう。

 

土地にかかる費用

次に、土地購入にかかる費用をご説明しましょう。

①土地の購入費用

土地の購入代金です。土地に関しては消費税はかかりません。
土地仲介手数料が発生する場合がありますが、一般に諸費用に含みます。

②土地の造成等の費用

現況が建築に適していない場合や、土地を嵩上げするなどの要望があるときの費用。また、軟弱地盤であったりすると地盤改良や杭打ち工事費用がかかります。

③今ある建物等の解体費用

現在の建物の解体が必要な場合、その解体費用や庭木などの撤去。倉庫等の工作物の解体費用が必要になります。

④屋外の給排水設備・電気ガスの引き込み工事費用

宅地内に給排水や電気ガスを引き込む工事費。分譲団地などは整備されていることが多い。

不動産情報などの表示価格には、解体費用や造成費用が含まれていない場合がほとんどです。購入希望地に表示価格のほかにどれだけ費用がかかるのかチェックしましょう。

 

諸費用

最後は諸費用。総費用の10%くらいを占めます。そのため資金計画を考える際には忘れてはいけない大事なものです。
土地建物の価格とは別にかかってくるため、基本的に現金で準備しなければなりません。

①登記関係の費用

登記関係だけでも以下のものがあります。
・自分の土地・家であることを登記する表示保存登記
・以前の所有者から名義を変更する所有権移転登記
・家・土地を住宅ローンの担保とする際の抵当権設定登記
・以前の建物を解体した場合の滅失登記

②住宅ローンにかかる費用

・住宅ローンを借りる際の手数料
・保証会社に保証をしてもらうための保証料
・万が一に備えての生命保険料

③税金等の費用

・不動産取得税および固定資産税
・建物・土地の契約、その他の契約書に貼る印紙代

④その他の諸費用

・建物の火災保険料
・地鎮祭等の祭事の費用
・上下水道の加入金
その他、引っ越し費用なども考えておきましょう。

諸費用は、土地や建物と違って、手数料などの目に見えない費用で、一般的には国や自治体、不動産屋や銀行に納める費用です。新築住宅の場合、物件価格の3%~7%程度かかりますので、諸費用についてもしっかりと確認する必要があります。

このように家を建てるためには、さまざまな費用が必要です。そのため資金計画を立てることは、いい家を建てるのと同じくらい大事なことなのです。